• <menu id="0ec22"><u id="0ec22"></u></menu>
  • アニメ映畫「白蛇:縁起」の音楽世界

    2021-10-02 00:21  CRI

    00:00:00
    00:00:00

    アニメ映畫「白蛇:縁起」の音楽世界 

     今年の七月末、中國のアニメ映畫「白蛇:縁起」の日本語吹替版が日本で公開され、主演を務める三森すずこや佐久間大介をはじめ豪華聲優陣がミーティングに出席しました。このアニメは2019年に中國本土で70億円以上の興行収入を誇りました。今回の中國メロディ―は「白蛇:縁起」の主題歌と挿入歌をご紹介しましょう。

     「白蛇:縁起」は中國の民間説話「白蛇伝」の前世のお話です。その昔、唐の時代の中國では國師が民間人に蛇を大量に捕獲させていました。美しい人間の少女の姿をした白蛇の妖怪?白は、國師の刺殺を試みるのですが、結果は失敗。逃亡の末に記憶を喪失してしまいます。そんな白を救ったのは、捕蛇村の少年?宣。白の記憶を取り戻すため二人は冒険の旅に出ます。その旅の途中、二人は戀に落ちますが、少女が白蛇の妖怪であるということも明らかになってしまいます。結局、宣は白を救うために國師との闘いで命を落としました。白は必死になって宣の魂を守り、白と宣の500年の輪廻転生のラブストーリーの下地を作りました。

    映畫の主題歌「縁起」

     多くの視聴者は、映畫の美しい映像と音楽に驚嘆しました?!赣诚瘠纫魳Sが本當に美しく、まるで仙境の中にいるようで、視覚と聴覚の二重の楽しみがある」というコメントが寄せられました。映畫の主題歌「縁起」は男性シンガー?周深が歌っています。周深の繊細で美しい歌聲は女性の聲のようで、映畫の悲戀のテーマとぴったり合っています。特にサビの部分は、涙を誘う感動的な魅力があります。最後の一句「來世聚散、山高路遙(來世で出會い別れる、山は高く路は遙か遠い)」は最も感動的で、男女主人公が出會い、戀に落ち、切ない別れに至るまでを描いていて、二人の生死を共にする決意を表しています。

    挿入歌「何須問」

     アニメ映畫「白蛇:縁起」では、挿入歌「何須問(聞く必要があるのか)」が印象的です。この曲は映畫の中で白と宣が川に舟を浮かべるシーンの音楽で、小舟が川面を走り、険しい山々の間を行くときに流れます。宣は船のマストにもたれて、この「聞く必要があるのか」を歌います。その歌聲は谷間に響き渡り、白は宣の歌聲を聞いてだんだんうっとりしてゆきます。そのゆったりとした歌聲と、川の上の夢のような情景が相まってとても感動的です。人生は夢のようなもの。二人が今一緒にいることができれば、最終的な結末はどうであるかは、聞く必要があるでしょうか?

    寶青坊の主の歌う小唄「春問」

     アニメ映畫「白蛇:縁起」では、登場するキャラクターが多くの視聴者に愛されています。あるネットユーザーは「勇敢で明るい宣、美しくやさしい白、さらには陰険な國師まで忘れられない。この映畫のすべてのキャラクターが好きだ」とコメントしています。特に、映畫の中の登場人物?キツネの妖怪?寶青坊の主は、セクシーで可愛らしい姿で物語に満ちた雰囲気を醸し出し、観客の心を虜にしました。特に寶青坊の主が小舟に乗って「春問(春を尋ねる)」を歌うシーンでは、その神秘的で魅力的な歌聲、美しくてセクシーな面持ちが湖上の船頭の注意を引きつけ、のんびりした表情で船頭たちをからかう展開が印象的です。

    エンディング曲「前世今生」

     映畫のラストシーン、白は最後の力で宣の魂を救いますが、宣は生まれ変わり、記憶や容姿は変わっていました。二人の前世の情縁を覚えているのは白だけ。この時、エンディング曲「前世今生(前世と今生)」が鳴り響き、ナレーションの中で白は「私は彼を探し當てる。彼がこの世のどこにいても、どんな姿であっても、もう私を覚えていなくても、彼を探し當てる。私が彼を覚えているから」この「前世今生(前世と今生)」という曲が500年後に戀人同士の縁をつなぐ物語の伏線になっていくのです。

    番組の中でお送りした曲

    1曲目 縁起(えんぎ)

    映畫の主題歌で、男女主人公が出會い、戀に落ち、切ない別れに至るまでを描いています。

    歌詞:

    一片の花びら

    心のてっぺんにしたたる

    木のかんざしに青々とした光をだれが望むか

    雨垂れ石を穿つ

    千年待った

    2曲目 何須問(聞く必要があるのか)

     この挿入歌は劇中でヒーローの宣が歌う曲です。また、映畫のPR曲として女性シンガー?銀臨が歌った女聲バージョンもあります。

    3曲目 春問(春を尋ねる)

     映畫の中の登場人物狐の妖怪?寶青坊の主が歌う小唄です。

    歌詞:

    春を尋ねる

    何がそんなに慌ただしいのか

    春は早く去っていってしまうもの

    憂いがこの世にあるだけだ

    4曲目 前世今生(前世と今生)

     映畫のエンディング曲で、男女主人公が500年後に戀人同士の縁をつなぐ物語の伏線となります。

    歌詞:

    もしかしたら前世のひとときではないだろうか

    この世の一面のためだけに

    夢を見て何をしようとしているのか

    愛は深くても恨みはない

    コメント()

    ラジオ番組
    11月7日放送分
    00:00:00/00:00:00
    • ハイウェイ北京<月曜日>の擔當者 劉叡琳_fororder_周一劉睿琳130
    • ハイウェイ北京<火曜日>の擔當者 王小燕&斉鵬_fororder_周二小燕齊鵬130
    • ハイウェイ北京<水曜日>の擔當者 謝東&劉非_fororder_周三謝東劉非130
    • ハイウェイ北京<金曜日>の擔當者 劉叡&孟群_fororder_周四劉睿孟群130
    • ハイウェイ北京<金曜日>の擔當者 任春生_fororder_周五任春生130
    • ハイウェイ北京<週末篇>_fororder_北京直通車周末篇
    特集ダイジェスト
    最新コラム
    新華社_fororder_12日中友好協會_fororder_11人民網日本語版_fororder_10人民中國_fororder_9中國網日本語版_fororder_8東方網日本語版_fororder_7中國123_fororder_6
    JAPAN online_fororder_5UTYテレビ山梨_fororder_4中華網日本語版_fororder_3東方通信社_fororder_2中國百科検定_fororder_132959111934859451北京観光_fororder_1
    黃競
    皇家华人