• <menu id="0ec22"><u id="0ec22"></u></menu>
  • 王外交部長、米國務長官と會談

    2021-11-01 11:11  CRI

     王毅國務委員兼外交部長は現地時間10月31日、ローマで、米國のブリンケン國務長官と會談しました。

     王外交部長は、「ここ數年、米國が誤った対中政策を実行したため、中米関係は全面的なショックを受けてきた。米國は中國の內政に干渉し、今期の議會では反中國の議案300件余りを打ち出した。米國は中國の900余りの団體と個人を一方的制裁のリストに入れ、中米間の正常な往來をひどく破壊した。米國はまた、世界範囲內で中國を抑圧するさまざまなグループをかき集め、中國を抑圧するため多くの小國に圧力を加えている。これらのやり方は両國國民の利益には合致しない。國際社會の期待と時代の発展の流れにも合致しない。中國は明確に反対する」と述べました。

    王外交部長、米國務長官と會談

     王外交部長は、「臺灣問題は中米間の最も敏感な問題である。誤った処理をすると中米関係に全面的な破壊をもたらす?,F在、臺灣海峽の情勢のポイントは、臺灣當局が何回も一つの中國の枠組みを突破しようとすることだ。一方、米國は『臺灣獨立』勢力を支持し、逃れられない責任を負っている。われわれは米國に対して、真の『一つの中國』の政策を実行し、中國に対する約束を履行し、『一つの中國』政策を真に行動に移すよう求める」と強調しました。

     ブリンケン國務長官は、「米國は引き続き、『一つの中國』政策を堅持する」と改めて強調した上で、「米國は、米中が相互尊重の趣旨に基づいて両國関係を発展させることに賛成する。中國と意思疎通を保ち、責任をもって意見の食い違いをコントロールし、対抗や危機の発生を避けるようにしたい」と述べました。

     雙方はまた、気候変動やエネルギー供給、イラン核問題、朝鮮半島情勢、ミャンマー問題、アフガニスタン問題などについて意見を交わし、さまざまな世界的課題に対応するため対話を維持したいと表明しました。(玉華、淺野)

    コメント()

    ラジオ番組
    11月9日放送分
    00:00:00/00:00:00
    • ハイウェイ北京<月曜日>の擔當者 劉叡琳_fororder_周一劉睿琳130
    • ハイウェイ北京<火曜日>の擔當者 王小燕&斉鵬_fororder_周二小燕齊鵬130
    • ハイウェイ北京<水曜日>の擔當者 謝東&劉非_fororder_周三謝東劉非130
    • ハイウェイ北京<金曜日>の擔當者 劉叡&孟群_fororder_周四劉睿孟群130
    • ハイウェイ北京<金曜日>の擔當者 任春生_fororder_周五任春生130
    • ハイウェイ北京<週末篇>_fororder_北京直通車周末篇
    特集ダイジェスト
    最新コラム
    新華社_fororder_12日中友好協會_fororder_11人民網日本語版_fororder_10人民中國_fororder_9中國網日本語版_fororder_8東方網日本語版_fororder_7中國123_fororder_6
    JAPAN online_fororder_5UTYテレビ山梨_fororder_4中華網日本語版_fororder_3東方通信社_fororder_2中國百科検定_fororder_132959111934859451北京観光_fororder_1
    王玉華
    皇家华人