• <menu id="0ec22"><u id="0ec22"></u></menu>
  • 【CRI時評】米國を対象にウイルスの起源調査を行うべきだ

    2021-11-02 15:06  CRI

    【CRI時評】米國を対象にウイルスの起源調査を行うべきだ

     米國國家情報長官オフィスはこのほど発表した新型コロナウイルスの起源についての機密解除版評価報告書によって、起源探索について政治的なトリックを再びもてあそび、世論誘導のテンポを速めようとした。しかしこの報告書の発表は、國際社會を改めて目覚めさせることになった。すなわち米國に対してのウイルス起源の調査をすべきということだ。

     米國に、世界保健機関(WHO)が獨立して行う起源調査を避けて通る権利はない。汚れた手を持つ米國の情報機関を投入して起源の調査をするのは極めて不合理であり、極めて非科學的であり、そのこと自體が起源探索の問題を政治化している鉄壁の証拠だ。米國が前記報告書を発表したのは、ローマで開催された主要20カ國?地域首脳會議(G20ローマサミット)が始まる前日だった。米情報部門がこのタイミングを選んでウイルスの起源解明についての、いわゆる機密解除版報告書を発表したことは明らかに、G20が負うべき責任に背を向けて逃げようとしたのであり、WHOを人質に取ろうとしたものだった。

     G20?ローマサミットの場で、中國が強調した「団結と協力こそ最も力のある武器」の概念は、共通認識となった。中國側が提案した「全世界におけるワクチンについての協力」は、國際社會から広く歓迎された。これこそ全世界が今、感染癥に対抗するために必要とすることだからだ。

     新型コロナウイルスの起源解明は、一つの厳粛かつ複雑な科學の問題だ??茖Wの道筋をたどってこそ、全世界の科學者が協力して研究してこそ、解答を見出すことができる。米國が國際的な正義を顧みずに政治目的で起源調査を行うことは、世界における起源探究についての科學的協力と國際的な感染癥対策の協力をさらに損ねるだけであり、さらに多くの命を危険に陥らせてしまうことになる。米國が中國を攻撃?中傷し政治的に動いていることは、まさに世界の感染癥対策についての協力の最大の障害だ。

     「世界で最も感染癥対策に失敗した國」であるからには、米國は次の段階での起源調査で、最優先される対象となって理の當然だ。米國はさらに當然ながら、フォート?デトリックやそれ以外の生物実験施設を早急に開放し、WHOの専門家の訪問を受け入れるべきだ。(CRI論説員)

    コメント()

    ラジオ番組
    11月8日放送分
    00:00:00/00:00:00
    • ハイウェイ北京<月曜日>の擔當者 劉叡琳_fororder_周一劉睿琳130
    • ハイウェイ北京<火曜日>の擔當者 王小燕&斉鵬_fororder_周二小燕齊鵬130
    • ハイウェイ北京<水曜日>の擔當者 謝東&劉非_fororder_周三謝東劉非130
    • ハイウェイ北京<金曜日>の擔當者 劉叡&孟群_fororder_周四劉睿孟群130
    • ハイウェイ北京<金曜日>の擔當者 任春生_fororder_周五任春生130
    • ハイウェイ北京<週末篇>_fororder_北京直通車周末篇
    特集ダイジェスト
    最新コラム
    新華社_fororder_12日中友好協會_fororder_11人民網日本語版_fororder_10人民中國_fororder_9中國網日本語版_fororder_8東方網日本語版_fororder_7中國123_fororder_6
    JAPAN online_fororder_5UTYテレビ山梨_fororder_4中華網日本語版_fororder_3東方通信社_fororder_2中國百科検定_fororder_132959111934859451北京観光_fororder_1
    佟同
    皇家华人