• <menu id="0ec22"><u id="0ec22"></u></menu>
  • 【CRI時評】G20による試練への対応 重要なのは実際の行動

    2021-11-02 17:34  CRI

    【CRI時評】G20による試練への対応 重要なのは実際の行動

     「國際社會における、力を合わせて試練に対応しようという意欲とエネルギーは高まり続けている。肝要なことは、実際の行動に移すことだ」――中國の習近平國家主席は10月31日夜、北京から第16回20カ國?地域首脳會議(G20ローマサミット)にビデオ方式で引き続き出席した際に、改めて一つの呼びかけを行った。習主席は気候変動、エネルギー持続可能な発展に重點を置いて論じた。

     気候変動とエネルギーの問題は現在、全世界にとっての際立った試練だ。國際社會が力を合わせて試練に対応しようという意欲と決意は絶えず高まっている。しかし一部の國は、立場と追及するものが異なり、世界についての試練への対応において、真の行動力が往々にして欠乏している。

     気候変動とエネルギーという試練に対応するために、國際社會はどのような実際の行動を必要としているのか。習近平主席は今回のローマサミットで、次の3點を提案した?!弗啸楗螗工娴膜巳·欷空叽胫盲驋裼盲工毪长取埂浮簢B気候変動枠組み條約』および『パリ協定』を全面的かつ有効に実現させること」「発展途上國に対する支援を強化すること」だ。

     壯大な目標を実現させるにはいずれの場合も、実際の行動の積み重ねが必要だ。習主席はサミットにおいて、「炭素についての二つの目標(カーボンピークアウトとカーボンニュートラル)」を実現するための中國の具體的措置を宣言した。それらは重點分野と産業界において「炭素についての二つの目標」を達成するための方策と支援措置を次々に打ち出し、カーボンピークアウトとカーボンニュートラルに関する「 1 + N 」政策體系を構築し、條件が整った地方や業界、企業がカーボンピークアウトなどを率先して達成することを支持するものだ。

     G20ローマサミットが開催されている中、英國スコットランドのグラスゴーでは、國連気候変動枠組み條約の第26回首脳會議(COP26)が始まった。國際社會、特に先進國が気候変動対策についての約束を履行し、発展途上國への支援を強化することが期待されている。そのような背景にあって、中國による「実際の行動に移すことが肝要」との主張がさらに現実的な意義を帯びてきた。(CRI論説員)

    コメント()

    ラジオ番組
    11月7日放送分
    00:00:00/00:00:00
    • ハイウェイ北京<月曜日>の擔當者 劉叡琳_fororder_周一劉睿琳130
    • ハイウェイ北京<火曜日>の擔當者 王小燕&斉鵬_fororder_周二小燕齊鵬130
    • ハイウェイ北京<水曜日>の擔當者 謝東&劉非_fororder_周三謝東劉非130
    • ハイウェイ北京<金曜日>の擔當者 劉叡&孟群_fororder_周四劉睿孟群130
    • ハイウェイ北京<金曜日>の擔當者 任春生_fororder_周五任春生130
    • ハイウェイ北京<週末篇>_fororder_北京直通車周末篇
    特集ダイジェスト
    最新コラム
    新華社_fororder_12日中友好協會_fororder_11人民網日本語版_fororder_10人民中國_fororder_9中國網日本語版_fororder_8東方網日本語版_fororder_7中國123_fororder_6
    JAPAN online_fororder_5UTYテレビ山梨_fororder_4中華網日本語版_fororder_3東方通信社_fororder_2中國百科検定_fororder_132959111934859451北京観光_fororder_1
    佟同
    皇家华人